壁掛けテレビ設置でたっぷり収納

テレビ 壁掛け 収納

テレビの進化は目覚ましく、重かったブラウン管テレビから液晶テレビになり形状も薄く軽くなりました。薄型のテレビは設置にスペースがあまりいらないと思われがちですが、やはり部屋の中では大きな家電です。設置の場所によっては邪魔な存在になりかねません。特にリビングにテレビを置こうとした時、収納の問題が発生します。リビングは家の中心に当たる場所なので、家族全員の様々なモノが集まってきます。否応が無しにモノが増えていくのですが、テレビの周囲はモノが置きづらく、収納といえばテレビ台ぐらいになってしまいます。収納不足を解決する方法として、壁面収納テレビボードを利用する手があります。テレビを収納するスペースと収納を合わせたもので、テレビを壁掛けにしてすっきり見せ、収納も増やせるのです。

壁面収納テレビボードを使ってみる

本来テレビを壁掛けにするには壁に金具を取り付けなければなりません。この時に壁面を傷つけてしまうことが理由になって、テレビを壁掛けにするのに二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。壁面収納テレビボードには下に置くテレビ台と上置きキャビネットを連結する板があり、この板にテレビを固定する金具が付いていて壁掛けにすることができるものがあります。これを使用すれば壁に穴を開けることなく壁掛けテレビにすることができます。連結する板の部分の色を壁の色と合わせるとより自然になじみます。本体のテレビボードの大きさは選ぶことができサイドに取り付けられるキャビネットもあるので、部屋の大きさや求める収納の量に応じて組み合わせることができます。壁面収納は大きさや収納力の割には部屋がすっきりとして見えるのも利点です。

収納が増えたら片付けられるはず

壁面収納のテレビボードを利用しなかったとしても、テレビを壁掛けにすることで収納スペースは増やせるでしょう。先ほども述べたように、壁に金具を取り付けないと壁掛けにはできないので手間はかかります。ですがテレビをほぼ壁と一体化させることによって、部屋がすっきりと広く見えます。またテレビ台を置く必要がなくなります。そうなればテレビ台に限定されない収納家具を置くこともできるようになります。テレビを取り付ける位置によって、空くスペースも増えるでしょう。そこを収納にすることもできます。そして収納スペースの自由度が増えるでしょう。それはやりやすい収納につながります。居心地のいい空間を作り上げるために、収納は欠かせないものです。テレビを壁掛けにすることで得られる収納スペースを有効に利用して過ごしやすい快適な部屋を目指しましょう。