収納スペース拡大には壁掛けテレビの設置が効果的

テレビ 壁掛け 収納

限られたスペースのお部屋で収納を効率よく行うには、壁面を有効活用するのがおすすめです。すっきりとした見た目の印象になりますし、部屋が広く感じられるのもメリットです。高さのある家具で収納するほか、壁を利用した収納でおすすめしたいのは壁掛けテレビです。テレビを壁掛けにすることで、テレビ台がいらなくなるうえ、存在感のある大画面で薄型のテレビを壁と同化させることですっきりとおしゃれに見せることができます。インテリアにもなじみやすく、団らんのスペースであるリビングをより広く快適にすることができます。テレビ設置の位置は自由に決められ、小さな子供がいるご家庭でも手に届かない場所に設置するなどして画面を守ることができます。反対に地震対策としても有効で、置くよりも揺れ動くことが少ないため、安全です。

壁掛けテレビのメリットは収納スペース拡大に効果的

狭い部屋でもなんとか快適なスペースをつくりたいとお考えなら、ぜひ壁掛けをおすすめします。テレビを壁掛けにするのは洋室に限ったことではありません。和室にもおすすめです。テレビを壁掛けにすることでテレビ台が不要となり、畳の上に家具を設置しないで済むので畳の傷みが気になりません。また和の雰囲気と最先端の薄型テレビの融合は独特の雰囲気をかもしだし、おしゃれな空間にもなります。収納スペースだけでなくくつろぎスペースが増えるのは何より魅力です。ただ注意したいのは、和室では低い位置からテレビを見ることが多いため、首や目が疲れてしまわない様に設置の高さには気をつけましょう。畳に座って観るなら、75~80センチほどの高さがおすすめです。また配線を効率よく行うためにもコンセントにできるだけ近い位置にかけるのがおすすめです。

すっきり壁掛けテレビにしてアイデア収納

大きな画面が自慢のテレビを部屋に設置するとなると、その分台も大きくしなければならず、場所をとってしまいます。その点壁掛けテレビなら、少し高い位置に設置してスクリーンのように観られるようにしてみてはいかがでしょうか。大きな家具を置く必要がなくなり、シンプルでスマートな収納家具のみで対応できます。レコーダー類の収納は近くに壁付けのシェルフを取り付けるなどしておいておくのもおすすめです。またwi-fi接続にして、離れた場所に収納する方法もあります。せっかく壁掛けテレビにしたら、家具などは極力シンプルに、場所を取らないよう考えてほしいものです。収納したいものが多いのであれば、テレビの周りを囲うように壁全体をシェルフにしてみるのもよいです。新しくテレビを新調したい方は、壁掛け対応可のものまたは純正の金具の販売がされているものを選びましょう。