壁掛けテレビ設置による収納スペース確保術

テレビ 壁掛け 収納

家の中で、リビングは、どのご家庭においても家族が集まる暮らしの中心となるスペースです。だからこそ、家族それぞれの物や共有物がリビングのあちらこちらに置かれてしまい、たとえ、掃除をこまめにしていても居心地の良い空間を維持することは大変な作業です。特に、リビングにテレビを設置するご家庭が多く、その為にリビングの収納スペースが更に取りづらくなってしまっているのが現状です。リビングにテレビを置くことで、貴重な収納スペースが確保出来なくなっているのです。テレビが現代社会で欠かせない娯楽となっている今、テレビを手放すことなく収納スペースを確保していくには、様々な工夫やアイデアが必要です。そこで、今回は壁掛けテレビによって収納スペースを広げる方法をご提案したいと思います。思い切って、テレビをテレビ台に置くことを止めてみませんか?

壁掛けテレビで収納スペースを広げよう

テレビを壁掛けにすると、部屋のインテリアにテレビが溶け込んでスッキリとした印象を与えます。又、壁掛けにしたテレビは、まるで一枚の絵画のようにスタイリッシュでテレビのあり方そのものが変わります。テレビを置いていたスペースが空くことで、部屋全体のイメージをがらりと変えることが出来ますが、最近は、DIYでテレビ周りをおしゃれにするのがトレンドで、アイデア一つで更なる変化が期待出来そうです。テレビ周り以外にも、リビングや子供部屋、キッチンに自分好みの壁面収納を自作して、使い勝手の良い空間づくりを楽しんでいるご家庭が多く見られます。壁面本棚や壁面食器棚等、収納スペースを壁に持ってくることで、お部屋も広々とした印象を与えます。テレビもぜひ、壁にかけて、圧迫感のない、スッキリとしたお部屋にしてみませんか?

壁掛けテレビの問題点は解消できる

賃貸で、壁に穴を開けることが出来ない方は、壁掛けテレビボードをお薦めします。こちらは、ボード自体にテレビを壁に掛ける仕組みが備わっている為、壁に穴を直接開けることなくテレビを取り付けることが出来、便利です。又、壁掛けテレビをご検討の際、接続ケーブルの事をご心配に思われる方がいるかも知れません。DVDレコーダーやゲーム機との接続ケーブルやテレビの電源ケーブルがテレビから垂れ下がって見えるのは、おしゃれでスッキリとした印象とはかけ離れ、見栄えが悪いです。しかし、壁掛けする予定の場所にあらかじめコンセントを作っておくことでこの問題は解消されます。コンセントの増設も意外と簡単に出来るのでケーブルのもたつきが気になる方は参考にしてみてください。賃貸の場合でもケーブルカバーを利用することで見た目の美しさは保たれます。問題点をカバーして、壁掛けテレビによる収納スペースの確保にチャレンジしてみてください。